カウンセリングが『ズレてるから』お客様に伝わらない!あなたのサロンは大丈夫?

カウンセリングが『ズレてるから』お客様に伝わらない!あなたのサロンは大丈夫?

 

突然ですが!あなたはお客様とカラーのカウンセリングの

 

イメージの共有はできていますか!?

 

「そんなの当たり前でしょ」

「何言ってんの?」

 

と、思う方もいますよね。

 

ヘアカラーのカウンセリングは、

 

ちょっとのイメージのズレが

大きなズレになりやすい!

 

実際にいらしゃった新規のお客様のケースを紹介します。

 

 

広い面積でインナーカラーが入っています。

 

デザイン的には、決して悪くない・・・ですよね?

 

でも!

 

お客様はこの髪色がイヤでしょうがない・・

 

 

 

「えっ?インナーカラーがお客様の希望だったんじゃないの?」と思いませんか?

 

でもどう考えてもこのケース、

 

カウンセリングの

失敗の被害者

 

技術が足りない・できない場合以外は、実は全てカウンセリングの失敗。

 

ゴールが分からず進んでも一向に辿りつかないのに・・

 

でも多いのです。本当に多いのです。

 

ズレっズレのヘアカラーの

カウンセリングが。

 

 

でも改善&気がつけたら!

  • ビックリするくらいお客様と通じ合える
  • 自然と信頼感がUP
  • 結果売上もUP

 

信じられないかもですがボクの実体験から、そう言うぜるを得ません。

 

ここから詳しく説明しますね!

説明が不十分で残念すぎる・・

失敗の原因はズバリ

 

説明が不十分!

 

です。説明する➡︎確認するを怠った結果。

 

あなたはカットで長さの確認をせずに勝手に切りますか?

 

しないですよね。

 

でも!

 

カラーだと急に確認しない派が

急増しがち

 

車で交差点を確認せずにスピードを落とさず曲がるのと同じ・・

 

そう聞くと、ちょっと怖くないですか?

 

カウンセリングが超大事!

 

お客様の思っている後悔

  • 思ったより派手➡︎イメージの共有のズレ
  • あまり考えずにブリーチした➡︎ブリーチすることのズレ
  • イメージと違う➡︎イメージの確認のズレ

 

要するに、

 

説明して確認する。

それだけのコトができてない!

 

結果、

 

「そりゃズレるわ・・・」

 

と、当然の結果。

 

残念なのは、美容師でなくお客様が被害者になってしまうことです。

 

 

[su_box title=”✔️例えばあなたもこんな経験ありませんか?” box_color=”#5e7699″ title_color=”#ffffff”]「もうちょっと明るいカラーが良かった」

「もうちょい長めが良かった」

「もう少しパーマを強くかけたかった」[/su_box]

 

お客様と仕上がったヘアスタイルを見て、軽い感じでそう言ってくれるコト。

 

お客様的にズレてるけど、まぁOK範囲・・

 

もちろんコレもNGではあるのですが、許容範囲でなんとかというだけ。

 

危険サインですよ!

 

ズレないカウンセリング2つのコツ!

 

[su_box title=”コツ①” style=”soft” box_color=”#5e7699″ title_color=”#ffffff”]・明るさ
・色み
・質感[/su_box]

 

 

3点は必ず伝っているかを確認が必要です!

 

写真・レベルスケールなど、使えるものを全て駆使してお客様に確認しましょう!

 

「自分のヘアカラーはそんな細かく説明するカタイものじゃない!雰囲気だ!」という方もいます。

 

ですがお客様が『それでOKな人か・そうでないか』を確実に見極められる人限定のキケンなやり方。

 

少なくともあなたのやり方を後輩に伝えるのは、難しくないでしょうか?

 

[su_box title=”コツ②” style=”soft” box_color=”#5e7699″ title_color=”#ffffff”] お客様と共有が十分か確認! [/su_box]

 

仕上がりはもちろん、デザインカラーの場合

 

  • 所要時間
  • 料金

 

変わるところは全て伝えたいですね。

でないと、

 

仕上がりも違うし

時間もお金も『取られた!』

 

そう一番悲しい結果にも。

 

今回のお客様のケースなら、

 

  1. ブリーチするメリット・デメリット
  2. インナーカラーの仕上がりの共有
  3. 1ヶ月後にどうなるか?

 

全て伝えてお客様のOKをもらっていないと、美容師から見てどんないい感じの仕上がりでもNGです!

 

 

まずは気づくコトから

 

もっとわかりやすく説明説明して欲しかった・・と、お客様が後悔する状況は、

 

美容室であってはいけないコト

 

です。

 

あえて厳しくいうと、「自分はできているけどスタッフはできていないな・・」と、思ったのであれば、

 

あなたもできていません

 

*もしくは伝え方が分からなくて、苦しんでいるのかもしれませんね

 

もしちょっとでもあなたに・スタッフにそんな心当たりがあったら、

 

ズレてることに気がつく・伝える

 

そこからがスタートです。

 

  

  

 

最後に

 

今回紹介したお客様は、インナーカラーをしたかったのではなく

 

ちょっと飽きたな・・

 

そう感じていただけ。

 

イメージを変える提案はGoodだけど、変わりすぎたらビックリします。

 

そうお客様に寄り添いながら、ベストを一緒に提案するスタンスなら、

 

信頼も売上もリピート率も!

全部上がって当然!

 

分かってくれる・安心できる。

 

お客様は、自分の髪をいい感じにしたいだけ。

 

もしかしてあなた・あなたのサロンのスタッフも、ズレッズレのカウンセリングになっていませんか?

 

ぜひ見直すきっかけにしてください!

 

 

公式LINEにてほぼ2日に1回テクニック・知識・お客さまへの伝え方の情報を配信しています。

また優先的にセミナー情報・最新のヘアカラー情報を

ご案内しています。ぜひ『友だち登録』をお願いします。



⇧ 友だち登録後にアンケートにお答えいただくと10ページの特別冊子データをプレゼント




⬆︎オンラインセミナーぜひご参加ください!

いつでも何歳からでもヘアカラーが得意になれるカミトレドリル


⇧ 人気の内容をセミナーの動画で学べます! ⇧

チャンネル登録をお願い致します



⇧ レベルスケールを特典付きで販売中 ⇧

関連記事

  1. 信頼・提案の幅を2倍に変える!お客様がOKか確認するカウンセリング術

  2. そのカウンセリングで失客してませんか?ズレた提案がお客様の悩みを増やし…

  3. 失敗してお客様に嫌われたくない!説明・提案時の『不安』を克服する3つの…

  4. 本音を聞けてないなら失客して当然!あなたのサロンに必要なのは技術の練習…

  5. あなたに必要なのは【技術】と【技術の整理】どちらですか?

  6. お客様には理由がある!市販のカラーを使うお客様の本音

  7. 知ってますか?お客様がいつも同じカラーを希望する”本当の理由”

  8. お客様の『本音に応えて寄り添う』ヘアカラーをしませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。