お客様の『本音に応えて寄り添う』ヘアカラーをしませんか?

 

ボクの働いている東京都江東区亀戸にあるOpusオーパスには、毎日のように

 

他の美容室でカラーを失敗されたから

直して欲しい!

 

そんな初めてご来店の女性がご来店されます。

 

 

☑︎ハイライトが派手になってしまったお客様

 

 

☑︎思ったより黒くなってしまったお客様

 

 

☑︎思ったより金髪になってしまったお客様

 

 

”失敗”の原因は一つだけ。

 

女性のホンネを聞けていないから。

 

 

ホンネキャッチマスターになるとスタイリストの方は

  • 女性が実は考えているコトが分かる!
  • 考えているコトが分かるからピンポイントな提案ができる!
  • ピンポイントな提案だからいつも以上に喜ばれる!
  • 喜ばれるから信頼が深まる!
  • もし失敗してもリカバリーするチャンスがある!
  • ニガテな技術がスムーズに上手くなる!

 

美容室のオーナー・幹部の方は、

  • スタッフの失客が少なくなる!
  • お帰りの際お客様を見送るスタッフの表情が明るく変わる!
  • スタッフのカラー技術レベルの底上げになる!
  • スタッフ同士がサポートし合う環境に変わる!

 

 

あなたもボクと一緒にホンネキャッチマスターにチャレンジしませんか?

 

女性の”不安”も”ワクワク”も両方キャッチする!

 

ズバリボクが言いたいコトは、あなたは・あなたのお店のスタッフはお客様にいつもと違うカラーをする際に

 

ゴールまでの不安・ワクワクの両方を

お客様に伝えましたか?

 

そう聞かれるとどう感じますか?例えば、

 

ワクワク=透明感のある髪色にしよう!

不安=2ヶ月後黄色くなる!

 

ワクワク=外人みたいな濃いアッシュにしたい!

不安=黒っぽく感じてしまう人もいる

 

ワクワク=ダメージなく明るくしたいからハイライト!

不安=入れる場所によってはメッシュみたいに・・

 

ポジティブ・ネガティブも両方伝えて共有して、

 

仕上がりに責任を持ちたいので

不安なことはありませんか?

 

そう伝えて確認していますか?

 

「そこまでしなくてもよくない?」きっとそう感じる人もいますよね。でも、

 

聞かないとお客様の不安は

キャッチできません。

 

お客様の感じているワクワク・不安も、両方をキャッチしないとお客様のベストなヘアカラーに辿り着けないのです!

 

そのためにお客様への聞き方・伝え方も知る必要があります。

 

ボクがそう考えるきっかけは、初めて来てくれるお客様の多くが

 

カラーを”失敗された”から直して欲しい

 

と、毎日のように悲しそうにご来店されるから・・

 

美容師から見たらそうでもないコトも、望んでいない仕上がりならお客様枯らしたら【失敗】です。

 

ボクはヘアカラー専門のカラーリストとして18年、3万回以上のカラーをして来ました。大好きなヘアカラーで

 

「どうしてこんなに困っている女性が

たくさんいるんだろう・・」

 

すごく悲しい気持ちになるんです。

 

「もう一度ヘアカラーを楽しむ

ワクワクを思い出して欲しい!」

 

だからボクはお客様の本音をキャッチすることに、毎日チャレンジしています。

 

お客様の不安・ワクワクをキャッチする・しないには3つのパターンがあります。

 

 

①最初のワクワクのままカタチになったケース

 

すごくいい流れに見えますが、続きがあります。

 

お客様の不安をキャッチしていない場合

  • 思ったより明るくなっちゃった
  • 毛先がすごく傷んだ気がする・・
  • やらなきゃよかった!

 

説明されていないので、後日お客様が違和感を感じて当然ですよね。

 

例えば美容師になったばかりの1年目のスタッフが、先輩からの指示を聞かずにヘアマニキュアのお客様をカラーのお客様と同じように乳化して頭皮を真っ黒にしてしまった・・

 

本人は悪気はないけど、お客様を困らせてしまうことは一緒ですよね。

 

悪気がない分、してしまったことに気がつきにくい特徴もあります。

 

 

 

②不安をキャッチした上でカタチになったケース

 

同じゴールでも違いは、

 

お客様からOKをもらって話を進めているコト!

 

もし色落ちして明るくなっても、お客様は「言ってた通りだな」と感じます。

 

その安心の繰り返しは、お互いの信頼関係を深めます。

 

それがお客様の気持ちに寄り添うヘアカラーであり、ホンネキャッチマスターに必要な考え方です(^_−)−☆

 

 

不安を共有したのに失敗してしまったケース

 

これはお客様が一番悲しい気持ちになりますよね・・

 

この場合、必要なのは技術です!

 

「前髪を切りたくない」と言ったのに切られてしまったのと同じ。

 

お客様がこれはイヤと明言しているのに、してしまうのはどう考えてもNGです。

 

3つのうち、あなたはどれを選びますか?

 

自分とも向き合おう!

 

結論として、

 

あなたはお客様の気持ちを

キャッチしていますか?

 

一度、そう考えてみて欲しいのです。

 

ヘアカラーで女性のホンネキャッチマスターにチャレンジすることは、あなた・あなたのお店のスタッフが成長する小さなきっかけです。

 

チャレンジすることはきっかけと向き合うこと。お客様と向き合うこと。

 

 

そして自分と向き合うことです!

 

 

自分と向き合えたら、今以上にあなた・あなたのお店のスタッフはお客様に寄り添ったヘアカラーに近づきます(^_−)−☆

 

あなたもボクと一緒にチャレンジしませんか?

公式LINEにてほぼ2日に1回テクニック・知識・お客さまへの伝え方の情報を配信しています。

また優先的にセミナー情報・最新のヘアカラー情報を

ご案内しています。ぜひ『友だち登録』をお願いします。



⇧ 友だち登録後にアンケートにお答えいただくと10ページの特別冊子データをプレゼント




いつでも何歳からでもヘアカラーが得意になれるカミトレドリル



⇧最新のセミナー情報はコチラから⇧



セミナーではなく個別で相談できる

『個別教室のカミトレ!!』はじめました

チャンネル登録をお願い致します



⇧ レベルスケールを特典付きで販売中 ⇧

関連記事

  1. あなたに必要なのは【技術】と【技術の整理】どちらですか?

  2. 初回体験プランのご案内

  3. カウンセリングが『ズレてるから』お客様に伝わらない!あなたのサロンは大…

  4. 本音を聞けてないなら失客して当然!あなたのサロンに必要なのは技術の練習…

  5. 信頼・提案の幅を2倍に変える!お客様がOKか確認するカウンセリング術

  6. そのカウンセリングで失客してませんか?ズレた提案がお客様の悩みを増やし…

  7. 失敗してお客様に嫌われたくない!説明・提案時の『不安』を克服する3つの…

  8. 【お客様と長くお付き合いしたい人限定!】みんな違う『白髪の気になる度合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。