『初めてハイライトをするお客様』にハイライトを表面に入れてはいけない理由

『初めてハイライトをするお客様』にハイライトを表面に入れてはいけない理由

いつもワンメイクのカラーをする20代の女性のお客様。 「コレにしたいです!」と、インスタの画像を見せてきた! 「ハイライトを入れたいんだな〜」と思ってカラーをしたら・・ 仕上がった髪色を見たお客様は、超微妙な表情。 「アレ?」と、最近違和感を感じたことはありませんか? 店長・オーナーはそのやりとりを見て「大丈夫かな・・?」そう不安になる経験はないでしょうか? その原因は ハイライトを入れてはいけないところに入れてしまったから・・・ この記事で解説する内容を徹底できたら!
  • お客様のタイプに合わせられる
  • お客様のなりたくない印象が分かる
  • デザインの失敗で失客しなくなる
ぜひ最後までご覧ください。

表面にハイライトを入れてはいけない理由

ボクのお客様向けのブログを見てきてくれた お客様。 ぱっと見はキレイ。 でも1週間前に人生初のハイライトをして、ハイライトを直したくてきてくれたんです。 断言します。
  • 初ハイライト
  • 派手カラーはNG
この2つの条件が揃った時には、表面にハイライトを入れるのはNG! というのも、ざっくり表現すると ギャルっぽい雰囲気が好きな方はOKですが、 そうでない女性はほとんどの場合ハイライトに ビックリするんです! 多くの女性が見せてくれるインスタの画像の写真は、ハイライトが『分かるように』入っています。 ぱっと見で分かるハイライトは、4レベル差以上のコントラストがついています。 ここが危険なポイント!

入れてはいけない2つのポイント

NGポイント① パートから1cmの表面 理由は一番お客様から見えるところだから。 「見えなければ意味ないじゃん!」と、思うかもですが、見えすぎる方がNG。 それだけでお客様は困ってしまいます。 NGポイント② フェイスライン ここも、お客様が鏡でよく見えるポイントです。 なのでギャルっぽい雰囲気ではない女性のお客様が初めてハイライトをするなら、 表面・顔まわりを外して、内側にポイントを作るのがおすすめ! ⬆︎毛先までキレイに見せるバタフライチップのポイントもぜひご覧ください ハイライトを直したいご希望のお客様も「内側は気にならないから残してOK!」とのこと。 もちろんお客様ごとに好みは様々。 でも派手にしたくない人を派手な印象にしてしまうのはNGですよね。

まとめ

結論、そのお客様の好みに合うデザインかどうかが重要です。 デザインの
  • メリット
  • デメリット
  • 仕上がりの雰囲気
全て伝えて共有できて、OKだったら問題ありませんよね。 ぜひお客様にはどこまで攻めてイイのか・・?そうお客様と一緒に考えてみませんか?
  • お客様が安心
  • 美容師も安心
お互いが楽しい気持ちになれたら! 信頼関係がグッと変わりますよね。 そんなヘアカラーを、ぜひあなたに提案してほしい! ぜひチャレンジして見てくださいね。

より詳しく知りたい方へ

カミトレドリル ハイライトコースが最短でやり方を学べます!

ハイライトのキホンに特化した

『限定テキスト&限定動画』を

月1で配信!

正しいやり方で失敗しないハイライトが 『6回のドリル』でできるようになる!

*6回以降もドリルはご用意しています

公式LINEにてほぼ2日に1回テクニック・知識・お客さまへの伝え方の情報を配信しています。

また優先的にセミナー情報・最新のヘアカラー情報を

ご案内しています。ぜひ『友だち登録』をお願いします。



⇧ 友だち登録後にアンケートにお答えいただくと10ページの特別冊子データをプレゼント




⬆︎オンラインセミナーぜひご参加ください!

いつでも何歳からでもヘアカラーが得意になれるカミトレドリル


⇧ 人気の内容をセミナーの動画で学べます! ⇧

チャンネル登録をお願い致します



⇧ レベルスケールを特典付きで販売中 ⇧

関連記事

  1. グレイカラーは3つあればイイ!サロンの無駄な在庫とやり方を変えませんか…

  2. 失敗しないホイルワーク&ハイライトを失敗した時の直し方

  3. 『テストライト』でもう失敗しない!確実にヘアカラーを仕上げよう

  4. バレイヤージュを失敗しない!今すぐできる失敗しないコツ

  5. 新生部に使う薬剤を変えるだけ!カラーの材料コストを30%下げる方法

  6. カラーはどれも同じじゃない!!グレイ世代の既染部に結果のでる薬剤

  7. 【ヘアカラーリストの愛用品】効果的なブリーチ剤の探し方

  8. あなたのサロンは大丈夫?カラーでこのハケをお客様の頭皮に当ててはいけな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。