【失敗しないヘアカラー調合比率】緑にならない!アッシュの正しい使い方

【失敗しないヘアカラー調合比率】明るい髪にキレイに寒色のカラーをするコツ

 

「うわ・・グリーンぽく、くすみすぎちゃった・・」

写真は他店で失敗されて直しに来てくれた新規のお客様

 

ここまででなくとも、寒色のカラーをしたお客様の色の入り具合のチェックをして、そんな経験はありませんか?

 

結論!V(バイオレット)であなたの寒色カラーの失敗が激減します。

 

アシスタントの前で『くすみすぎて失敗して冷や汗をかきたくない』あなたへ。

カンタンですから大事な比率計算をぜひ覚えてくださいね。

 

くすみすぎて失敗する理由

 

それは髪のアンダーレベルに対して、あなたの使ったアッシュが濃すぎるから。

なので11レベル以上のアンダーレベルの髪には、要注意。

 

 

というのも髪の赤み(メラニン色素)が少なくなっていて黄色く見えてくる明るさだから。

その部分に透明感を出したいからといってアッシュをガツン!と入れてしまうと・・

グリーンになり失敗します。

なのでその対策としてVを10%プラスしましょう。

 

 

赤紫が、アッシュの青を調整してくれるのでイメージ通りのアッシュが仕上がります。

 

10レベル以下の場合は必要ナシ!

 

10レベル以下であれば、メラニン色素が多いので心配はありません。

ですが『暗くなりすぎて失敗』というケースも多いですので要注意です。

アッシュが濃く入りすぎてお困りの新規のお客様

 

あなたが使っている薬剤をしっかり把握しておきましょう。

 

  • 色素がそこまで濃くなく混ぜて使うようなスタンダードの薬剤か?
  • くすみやすい(イルミナ・アディクシーなど)高彩度のストロング系の薬剤か?

 

くすみやすい薬剤であれば、アッシュの量を控えめに。

意外と気がついていない人も多いですよ!

 

まとめ

 

11レベル以上のアンダーのお客様にアッシュを使うのであれば、必ずVを10%入れてください。

余程ダメージが進んでいる毛先でなければグリーンになるのを防げます。

 

10レベル以下なら気にしなくてOK!

 

失敗してアシスタントやお客様の前で冷や汗をかかないように、ぜひこっそり調整してくださいね。

失敗されて困るのは、あなたでなくお客様ですから・・

 

 

公式LINEにてほぼ2日に1回テクニック・知識・お客さまへの伝え方の情報を配信しています。

また優先的にセミナー情報・最新のヘアカラー情報を

ご案内しています。ぜひ『友だち登録』をお願いします。



⇧ 友だち登録後にアンケートにお答えいただくと10ページの特別冊子データをプレゼント




⬆︎オンラインセミナーぜひご参加ください!

いつでも何歳からでもヘアカラーが得意になれるカミトレドリル


⇧ 人気の内容をセミナーの動画で学べます! ⇧

チャンネル登録をお願い致します



⇧ レベルスケールを特典付きで販売中 ⇧

関連記事

  1. カラーを勉強する時の最初の落とし穴!トーンダウンのコツを覚えよう

  2. 【既染部の塗布】ヘアカラーリストがウェット塗布をおすすめする3つの理由…

  3. カラーの放置にラップは必要ですか?

  4. 『お客様』は『客』じゃない!主語でレベルの差が出る美容室の接客教育

  5. なぜデキる人は『根元の薬剤設定』を失敗しないのか?

  6. 【ゼッタイ失敗しないトーンダウン】3レベル以上暗くするならピグメンテー…

  7. 【ヘアカラーとは違う!】ヘアマニキュアのメリットをご存知ですか?

  8. 根元を塗布後に『すぐ毛先を塗布』してOKな理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。