正しいヘアカラーの頻度(ペース)をお客様に伝えよう

正しいヘアカラーの頻度(ペース)をお客様に伝えよう

「どれくらいに一回染めるのがいいの?」と、お客様に言われて困ることはないでしょうか。

「マメに来て欲しいけど・・」

「あんまり長く周期が開くと難しいんだよな・・・」

いろんな思いが交錯しますよね。

結論!

白髪のリタッチ・・頭皮ケアがあればいつでもOK

全体カラー・・1ヶ月半から2ヶ月に1回

です。

詳しくカンタンに解説します!

リタッチは条件付きでいつでもOK

根元はカラーをまだしていない髪なので、いつ染めてもOK。

ですが!

活性酸素を除去するケアが必ず必要

*ゼロテクで頭皮につけない場合でも、シャンプーの時に頭皮につくので影響があるので注意です

すぐわかる活性酸素のこと

カラーの薬剤を混ぜる時に『1剤のアルカリ』と『2剤の過酸化水素』が反応して、

悪玉活性酸素

になります。

これが髪と頭皮を『老化』させます。

つまり・・

  • 髪が細くなる
  • 白髪が増える

ということ。

ざっくりいうと、

カラーすると白髪が増える!

なので除去しないとNGです。

除去の方法は

  • 酵素で落とす
  • 水素で根こそぎ除去!

のどちらか。

詳しく知りたい方は、LINEで聞いてくださいね。

なので活性酸素の除去をするのであれば、根元はいつ染めてもOK!

全体カラーなら1ヶ月半〜2ヶ月!

この場合は、

1ヶ月半〜2ヶ月に1回

が正解。

*すぐ色落ちする派手なカラーの場合でなく一般的なワンメイクの場合

理由は1ヶ月半以降

カラーした色素がなくなってくるから

色がなくなってくると、髪がパサっと疲れて見えます。

髪が疲れて見えると・・

印象が疲れて老けてみえる!

なのでお客様には「1ヶ月半から2ヶ月に1回カラーしましょう」とハッキリ伝えます。

ちなみに毎回リタッチのお客様で、

  • 表面だけ明るい
  • 内側が暗い

そう明度差が出ている場合はリタッチではカラーできません。

ムラの状態を直す必要があり、髪がキレイには見えないから。

カウンセリングで説明し、全体をカラーしましょう。

必ず根元・毛先を塗り分けよう

「マメに染めて痛まない?」と言われたらあなたはどう答えますか?

自信を持って回答できるために、

  • 根元(新生部)
  • 毛先(既染部)

必ず塗り分けましょう。

低アルカリのカラーを在庫の関係で置けないのであれば、アルカリキャンセルのオキシがおすすめ!

まとめ

  • 頭皮ケアをすれば根元を染めるのはいつでもOK
  • 全体カラーは1ヶ月半〜2ヶ月以内
  • 根元と毛先は必ず塗り分ける

美容師さんいうによっても判断は様々だと思いますが

「基準がイマイチ分からない!」

という方は参考にしてください!

大事なポイントはお客様に質問されても

自信を持って答えられること。

曖昧な返事でなく、明確な答えをプロとして伝えましょう!

公式LINEにてほぼ2日に1回テクニック・知識・お客さまへの伝え方の情報を配信しています。

また優先的にセミナー情報・最新のヘアカラー情報を

ご案内しています。ぜひ『友だち登録』をお願いします。



⇧ 友だち登録後にアンケートにお答えいただくと10ページの特別冊子データをプレゼント




いつでも何歳からでもヘアカラーが得意になれるカミトレドリル



⇧最新のセミナー情報はコチラから⇧



セミナーではなく個別で相談できる

『個別教室のカミトレ!!』はじめました

チャンネル登録をお願い致します



⇧ レベルスケールを特典付きで販売中 ⇧

関連記事

  1. 失敗しないカラーシャンプーの選び方

  2. 【Hair Color Lesson】美容室に就職が決まったら!今すぐ…

  3. 【初級編】ヘアカラーを暗くするトーンダウンで失敗しない基本とコツ

  4. 目安がわかれば失敗知らず!ハイライトとワンメイクの薬剤選定マップ

  5. 失敗しない!ヘアカラーのカウンセリングの3つの質問

  6. 『お客様』は『客』じゃない!主語でレベルの差が出る美容室の接客教育

  7. 透明感のある髪色が苦手なあなたへ。今すぐできる解決策!

  8. 【暗くならない!】既染部の『白髪の浮き』を染める方法