ハイライトに必要なのは見せ方!細いハイライトで『毛先までキレイに見せる』2つのコツ

ハイライトに必要なのは見せ方!細いハイライトで『毛先までキレイに見せる』2つのコツ

 

ハイライトを毛先まで見せたい!だから

 

  • ラインを太くするしかない
  • ラインを明るくするしかない

 

それがセオリーだと思っている方へ!

実はハイライトを『太く』も『明るく』もする必要はありません。

 

 

ぜひこのOpus Lightsのやり方を覚えてください。

大人の女性にピッタリな上品なヘアカラーデザインができるようになります。

 

ハイライトは見せ方が命!

 

ハイライトはお客様が見た時に

『ラインがバキッと見える』か

『スーッと品よく見えるか』

 

見せ方が命です!

 

細いラインがイイ感じに重なって、毛先までの美しいグラデーションを作るのが理想。

 

 

というのも、多くの女性がハイライトを表面から明るく太く入れられて困ってます。

初ハイライトをした女性の多くが4レベル以上のコントラストのあるハイライトを

 

  • 表面
  • フェイスライン

 

に入れられて「派手でイメージと違う・・」と悲しんでいます。

 

⬆︎詳細はこの記事をご覧ください⬆︎

 

細くキレイに見えるハイライトには、3つのコツが必要です!

ハイライトの2つのコツ

 

コツ① 表面には細かく入れる!

 

 

入れ方の一例ですが、表面には3ミリ以上の太さのハイライトはNG。

*太いラインが好きなお客様にはもちろんOK

 

 

ですがコレだけでは毛先までキレイに見えにくい・・

 

コツ② バタフライチップを覚える!

 

バタフライチップは中間〜毛先にだけ入れるハイライト。

表面に細かく入れたハイライトを

『毛先までキレイに見えるため』のサポートをします。

 

 

 

 

というのも、カットはパネルごとに

 

  • 切り方
  • 削ぎ方

 

変えますよね!

でもハイライトとなると1本のラインで毛先まで見せようとしていませんか?

1パネルだけでヘアスタイルが完成しないのと同じ。

ハイライトも1本のラインではキレイに見えないのです!

 

入れるバランスを変えるだけでバレイヤージュにも使えます。

したことがない方はぜひ!

バタフライチップにチャレンジしてくださいね。

 

まとめ

 

ハイライトは見せ方が命!

だから『細いチップ』と『バタフライチップ』を組み合わせたOpus Lightsがオススメです。

 

そうすれば細いラインで毛先までキレイに見えるハイライトが誰でも可能です!

 

  • 品よく
  • キレイに
  • イメージ通り!

 

長く通ってくれている40代以上の大人の女性に、特に有効な技術。

ぜひあなたのサロンでもやって見てくださいね。

 

公式LINEにてほぼ2日に1回テクニック・知識・お客さまへの伝え方の情報を配信しています。

また優先的にセミナー情報・最新のヘアカラー情報を

ご案内しています。ぜひ『友だち登録』をお願いします。



⇧ 友だち登録後にアンケートにお答えいただくと10ページの特別冊子データをプレゼント




いつでも何歳からでもヘアカラーが得意になれるカミトレドリル



⇧最新のセミナー情報はコチラから⇧

チャンネル登録をお願い致します



⇧ レベルスケールを特典付きで販売中 ⇧

関連記事

  1. 『黄みを飛ばす』が寒色インナーカラーの失敗しない秘訣!

  2. 失敗しないヘアカラー!『足し算』で考える暖色の髪色の成功術

  3. ホームカラーを失敗したお客様の『黒く沈んだ毛先』の直し方

  4. 明るく白髪を染めて透明感も出す!お客様のOKラインを見極めよう

  5. 毛先まで細くキレイなハイライト!ホイルワークはバタフライチップで失敗知…

  6. 失敗しないホイルワーク!あなたもできるハイライトOpus Lights…

  7. バレイヤージュを失敗しない!今すぐできる失敗しないコツ

  8. 感覚での仕事はやめよう!失敗しないホイルワークの薬剤設定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。