透明感のある髪色が苦手なあなたへ。今すぐできる解決策!

透明感のある髪色があなたへ。今すぐできる解決策!

なんとなくいつもよく使うカラー剤が決まっている。自然とルーティーンは決まってきますよね。

でもちょっと発想を変えるだけで

いつものカラーが『イイ感じ』になるとしたらどうでしょうか?

この記事ではカラーがちょっとニガテ・・というあなたへ、よく見る『透明感のある髪色』をカンタンにコントロールするコツをお伝えします!

大事なポイントは『ブラウンを感じる色かどうか?』です。

透明感のある髪色の正体は!?

結論からお伝えするとパッと見で『ブラウンを感じるかどうか』です。

まず!次の写真を見てください。

どちらの写真もアッシュ系のカラーです。違いは

右の写真の方が『ブラウンぽく見えない』のではないでしょうか?

コレがよくいう『透明感の正体』

ブリーチが必要かどうか?が重要ではなく、ブラウンを感じさせないヘアカラーが重要ということです!

いつもの薬剤設定を変えるコツ

カラーがニガテな方へは『Nを多くする』薬剤設定を推奨しています。

理由は色が強くですぎる失敗を防げるからです。ですが今回の場合は・・

薬剤設定で使っている『N』『色味』の分量を逆にしましょう!

「でもくすみすぎて緑っぽくなりそう・・」そう思いませんか?

そこで大事なのが『バイオレットの6を10%足すこと』です。

バイオレットを使う理由は

  • 黄みを消してくすみにくくする
  • アッシュが緑っぽくならない
  • よりグッと雰囲気がある髪色になる

です。

「V 8でもイイの?」と思うかもですが6レベルのバイオレットがオススメ。

なぜかというと8だと色味が薄いのです。

ある程度の濃さが必要なので6レベルのバイオレットをちょっと入れると◎!

まとめ

『いつもよりイイ感じ』に仕上げるためのコツはブラウンを感じさせない髪色にすること。

コレがよく見る透明感の髪色の正体です。

コツをまとめると・・

  • Nと色味の配合を逆にする
  • 緑っぽくならないようにV6を10%足す

でも一番大事なのは、美容師がしたい髪色をお客様に押し付けないこと。

透明感のある髪色をお客様全員がしたいわけではありません!

カウンセリングで画像をお見せして「どちらの色が好きか?」をまず確認してください。

確認がないと、例えると自分のオススメ料理をお客様に「コレ美味しいでしょ?」と強引に美味しいと言わせているのと一緒です。

それでは親切の押し売りですので・・必ずカウンセリングでお客様に確認しましょう!

あなたがやりたいカラーをするのでなく、お客様の気持ちに応えられる技術が必要だということ。

難しいデザインや考え方は必要なく、目の前のお客様に喜ばれるヘアカラーができるなら、どれで最高ではないでしょうか。

カラーがニガテな方の参考になれたら嬉しいです!

あなたのお客様がこの記事の情報で、喜んでくれますように。

公式LINEにてほぼ2日に1回テクニック・知識・お客さまへの伝え方の情報を配信しています。

また優先的にセミナー情報・最新のヘアカラー情報を

ご案内しています。ぜひ『友だち登録』をお願いします。



⇧ 友だち登録後にアンケートにお答えいただくと10ページの特別冊子データをプレゼント




⬆︎オンラインセミナーぜひご参加ください!

いつでも何歳からでもヘアカラーが得意になれるカミトレドリル


⇧ 人気の内容をセミナーの動画で学べます! ⇧

チャンネル登録をお願い致します



⇧ レベルスケールを特典付きで販売中 ⇧

関連記事

  1. 【初級編】お客様にヘアカラーで髪色を明るくする時の失敗しない3つのコツ…

  2. 【初級編】失敗しないヘアカラーの薬剤ミックスの3つのポイント

  3. ヘアカラーの薬剤の+10%の計算に迷わない方法

  4. 目安がわかれば失敗知らず!ハイライトとワンメイクの薬剤選定マップ

  5. もうヘアカラーで失敗しない『今すぐ』できる黄色い毛先対策!

  6. CLを使えば『履歴のわからない新規のお客様』の毛先も沈まない!

  7. 根元を塗布後に『すぐ毛先を塗布』してOKな理由

  8. 【初級編】丁寧なカウンセリングだけが失敗しないヘアカラーのコツ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。